カテゴリ: 日記

  1、私廚聚會,大概是大學的時候開始,每次放假回家都要和幾個朋友一起,輪流去一個人家裏,然後大家一起買菜,每個人做1-2道新學的拿手菜。現在還保持這個愛好,他們買食物同煮,玩遊戲和看電影在客廳。 這種形式現在在我的朋友圈有一個女孩特別好,她在私人廚房的基礎上

ずぼらなユン、やぶれかぶれ

私って 事件関係者なのだろうか。 無理やり関係させられた感が否めない。 ほとんどはニュースで聞いたことと同じだったが、 玉輝美童面部護理が 胡枇芸にほんの一時在籍していたことには ちょっと驚いた。「無言堂が立派になりすぎたからねえ。 以前から面白く思ってなか

↑このページのトップヘ